痩せるコーラ(新)

自分が考えている事をまとめます。毎週木曜21時更新(予定)

海外の自殺防止対策を比較してみた

座間市の連続殺人事件が話題ですね。

www.asahi.com

インターネットで自殺志望者を募って、
実際に会ったところを殺してバラバラにするとか…

90年代のサイバーパンク小説にこんな奴あったような。

で、今回のこの事件を通じて
TVや新聞などで

「国が自殺志望者のケアをしないからこんなことになるんだ!」

という声がチラホラ出てる。

そうした声から政府によるSNS規制を検討してるとか。

www.asahi.com

ちーがーうーだーろー(2017年流行語)

でも実際効果ある対策って何よ??

そこで気になって
他の国ってどんな自殺防止対策とってるのか?
をよく挙がる国を調べてみたので比較してみる。

f:id:ukitax:20171110175910j:plain

 

1:フィンランド

f:id:ukitax:20171110174223j:plain

この手の自殺防止の話になると必ず出てくるのがフィンランド

フィンランドは歴史的に自殺率の高い国だったので、
1980年代にエヴァ・クースコスキ保健大臣(厚生大臣みたいなポジ)の主導で
大規模な自殺対策のキャンペーンを行った。

(↓エヴァ・クースコスキ)

f:id:ukitax:20171110173849j:plain

このエヴァ・クースコスキというオバちゃんが何故、自殺対策に力を入れたのか。
それはかつて、夫が自殺で死んだからである。

結婚翌年に自殺!
スクールデイズ的な何か?

この時、夫の自殺を防げなかったクースコスキ氏は自殺撲滅を決意。

クースコスキ「オラァ!自殺原因を調べろや!」
学者&役人 「え…どうやって調べるんすか?」
クースコスキ「自殺者の遺族や関係者全員に話聴いてくるんだよ!」
学者&役人 「ファッ!? どんだけ手間かかるねん!」
クースコスキ「やれ」
学者&役人 「はい(マジかよ…自殺しよ)」

こんな感じで1500を超える自殺事例から数万人にヒアリングして数年かけて調査をまとめた。

その結果、自殺者の共通点がわかった。

当たり前やんけ!!!

この結果を持って対策を行った。

~対策~
政府「よっしゃ!アルコール依存患者と、うつ病患者を監視するでー」

~結果~
統計「自殺者が30%減りました」
政府「やったぜ」

~現実~
国民ソ連崩壊やIT産業の成功で景気が良くなっただけだぞ」

f:id:ukitax:20171110174135g:plain

医学書院/週刊医学界新聞(第2986号 2012年07月16日)


2:イギリス

f:id:ukitax:20171110174249j:plain

イギリスの自殺者は日本の3割くらいであるが、
2000年ごろから対策を挙げている。

しかしイギリスは若者の失業率がやばく、20%近いと言われている。

また失業中の若者の約3分の1が自殺を図ろうとしていたという結果があるので
つまり国民の6~7%くらいは自殺を考えているという事。

特に男性の自殺者の割合は微増傾向で、国としても対策を打ちたい。

(↓自殺者の男女別人数推移)

f:id:ukitax:20171110174331j:plain
政府も調査に乗り出した。

そこで自殺者の共通点がわかった。

ちーがーうーだーろー(2017年流行語)

~対策~
政府「よっしゃ!アルコール依存患者と、うつ病患者を監視するでー」
政府「しかしフィンランドのやり方じゃ生ぬるい」
政府「監視対象の家へ突撃訪問や!」

~結果~
統計「自殺者がちょっと減りました」
政府「やったぜ」
統計「でも労働者層の自殺が増えてます」
政府「グローバル経済では国内労働者層は福祉にタカってキモいだけだから無視

~現実~
労働者「金ないわ 自殺しよ」
富裕層「低能は自殺するしか能がない」
政府 「それな」

(本当にこんな感じの社説がイギリスの新聞に載ってた)

うーん、このブリカス

ちなみにイギリスは昔、法律で
「自殺したら死刑」
という法律がありました。

f:id:ukitax:20171110175320j:plain


3:ニュージーランド

f:id:ukitax:20171110174657j:plain

ニュージーランドも若年層の自殺率が高く、
全自殺者のうち、10~20代で80%近くになる。

なんでこんなことになるかというと
最大の原因は「いじめ」だと考えられている。

オーストラリア、ニュージーランドは平等意識が強く
「出る杭は打たれる」
という意識が日本以上に強い。
(『Tall Poppy Syndrome』と呼ばれる)

f:id:ukitax:20171110174731j:plain

具体的には

  • 誰かがみんなより少しでも成功したら、罵倒される。
  • 小学校からずっと、いつもテストではいい成績を取る人は誰かにいじめられる。
  • ちょっとみんなと考え方が違うとハブられる。

日本でもよく見る奴やん。

更に少数民族の原住民マオリ族は更に自殺率が高い。

(↓マオリ族)

f:id:ukitax:20171110175433j:plain

これも恐らく少数だからイジメられて自殺
って事だろう。

未来ある少年・少女たちが自殺すると世も末。
政府も調査に乗り出した。

そこで自殺者の共通点がわかった。

ちーが(以下略

~対策~
政府「よっしゃ!アルコール依存患者と、うつ病患者を監視するでー」
政府「特にマオリ族の自殺者が多いから重点的に監視するぞ」

~結果~
統計「自殺者がちょっと減りました」
政府「やったぜ」

~現実~
アジア人ニュージーランドに移住しましたー」
国民  「は? ツリ目のクソども帰れよ」

f:id:ukitax:20171110175053j:plain


アジア人「え… 自殺しよ…」

統計「アジア人の自殺者が多いです」

 

うーんこのブリカスの系譜の国。


4:まとめ

どこも似たり寄ったりじゃね?

もうイスラム教みたいに禁酒薦めろよ。
ここまで来たら。

やっぱ自殺を防ぐのは金と健全な精神だな

健全な精神な精神をはぐくむために
三島由紀夫の本でも読もう。

 

11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち