痩せるコーラ(新)

自分が考えている事をまとめます。毎週木曜21時更新(予定)

死刑廃止国が犯人を射殺した件数を調査してみた

麻原彰晃やオウム幹部が死刑になりましたね。

www.asahi.com

絞首刑中に空中浮遊を行って助かることはできなかったか…

で、死刑が執行されるたびに挙がる声。

「死刑は非人道的な野蛮な刑だ!廃止すべき!」

特に海外からの圧力がすごい。

jp.reuters.com

彼らからすると犬を食っているようなもんなんだろう。
(欧州でも半数近くの人は死刑復活を望んでるらしいけど)

そして、それに対する反論もいつもきまってる

「死刑廃止国は現場で犯人を射殺しているのに
死刑が野蛮とかおかしいじゃないか!」

本当かよ…

そしてこの意見に対する死刑廃止派の反応もお決まりのモノ
「『死刑廃止国では現場で犯人を射殺している』というのはデマだ!そんな統計データはない!」

f:id:ukitax:20180712163413p:plain

本当かよ…

疑問だらけなので調べてみた。

f:id:ukitax:20180712170246j:plain

※7/16 日本での射殺事例を修正


1:W杯ベスト8は死刑廃止国

twitter見てたら

「W杯ベスト8の国々は死刑を廃止している!日本は時代遅れ!」
って言ってる人がいて
「これマジ?」
と思ったが、どうやら本当らしい。

f:id:ukitax:20180712164237p:plain

厳密にいうとブラジルとかは
「戦時下の軍部の重大犯罪以外は死刑廃止」
なので完全に廃止されているわけではないが、
一般国民には適用されていないので廃止と考えて良い

じゃあブラジルの警察の現場での射殺件数ってどれくらいよ?
と思って調べてみた。

結果:5,012人 (2017年)

List of killings by law enforcement officers by countries - Wikipedia

…5,012人!?

統計見るとコンスタントに毎年数千人殺してるやんけ…。
(2008-2011で12000人以上射殺)

4年で武道館の収容人数くらい殺したって事…?

f:id:ukitax:20180712170913j:plain

死刑廃止派の
「死刑廃止国に射殺が多いのはデマ」
デマだったのか…

ま、待て…
ブラジルは治安が悪いから特殊例だ…。

みんな銃を持ってるから、警察が正当防衛で撃ってるだけなんだ。
欧州とかはそんなことないはず!

ということで次は欧州の射殺件数を調べてみる。


2:欧州での射殺数

まず日本の現場での射殺件数をおさらいすると
戦後、日本の警察が射殺した件数は
全部で12件
(現場で即死8件 病院搬送先にて死亡4件)

ちなみにここ10年の射殺は
5月に熊本で起こった事件の1件だけである。www.jiji.com


こないだ、富山で警官の銃を奪って2人殺した犯人も
警察に撃たれて意識不明なので、もしもこのまま回復せずに死んだら2件になるからもしれないが。

【富山交番襲撃】容疑者は21歳元自衛官、警察官に撃たれ意識不明(1/2ページ) - 産経WEST

 

では欧州もこのくらいなのだろうか?

欧州はEUの参加要件が死刑廃止のため、全ての国で死刑が廃止されている。
(ラトビアだけ軍部向けの死刑がある)

ではEUの中心国であるドイツの射殺件数を見てみる。

List of killings by law enforcement officers in Germany - Wikipedia

これによると
2000-2014の間で犯人を射殺した事件は
105件。

...105件!??????

毎年7,8人殺してるって事???

2008年~2014年の間の
日本の死刑執行数とドイツの射殺件数の比較するとこうなる
(この間、日本の射殺件数はゼロ)

日本の死刑執行数とドイツの射殺件数の比較

西暦 死刑執行数
(日本)
射殺件数
(ドイツ)
2008 10 10
2009 18 6
2010 2 8
2011 0 6
2012 7 8
2013 8 8
2014 3 7
48 53


え…良い勝負じゃん...。

ちなみにドイツの人口は8000万人ほどで日本の2/3と考えると
ドイツのほうが積極的に国家による殺人をしている事に。

「いや…でも死刑に反対している国連でも正当防衛まで反対していない!
 きっと正当防衛だ!
 正当防衛は野蛮・残酷な行為ではない!!!

という声も多いと思うので射殺の事例も見てみると

<2014/07/25 ブルクハウゼンでの事件>

警察官2人が警察署近くの有罪判決を受けた大麻販売店を検挙しようとした。
販売店の男が警察官から逃げようとしたところ、警察官に頭の後ろを撃たれて即死した。

正当防衛じゃないやんけ!

フィリピン・ドゥテルテ式ですか?

www.huffingtonpost.jp

ちなみに
イギリスが毎年2~3人くらい射殺。
フランスが毎年4~5人くらい射殺。
で、両方とも人口6000万人超くらいなので
欧州基準で行くと人口1500万人につき年1人射殺ってところか。
(※警官が襲われて正当防衛で射殺。というパターンよりもナイフを市民に向けて振り回してたから問答無用で射殺。というパターンが多い。)

つまり日本の人口で考えると今の欧州基準で行くと毎年8人くらい射殺か。
今回のオウム関連で執行した人数より多いな。

 

3:まとめ

ここまで見てきたが、つまりこういう事。

問い:『死刑廃止国では現場で犯人を射殺している』は本当か。

結論:残念ながら真実。

f:id:ukitax:20180712170709j:plain


個人的には
死刑に犯罪抑止効果なんて殆どないと思うし、
今回の麻原彰晃みたいに死後、神格化される恐れすらあるので
自分はどちらかというと死刑廃止派である。

まぁでも自分の家族が惨殺されることを想像すると
相手が死ななきゃ気が済みそうにない感情には抗えない。

理屈では死刑廃止派だけど、感情では死刑賛成派。
(最終的には廃止すべきだが、今はまだ時期尚早だと思う。射殺もするべきではない)

日本では国民の80%超が死刑賛成派だが
死刑廃止国も廃止前は国民の多くは死刑賛成派で
エリート達が勝手に廃止にした経緯があるので
多分、日本もそうなるだろう。

日刊ベリタ : 記事 : 右傾化するフランス 死刑復活に賛成する人が過去数年で上昇し、50%に 国民戦線創設者のジャン=マリー・ルペン氏「テロリストは斬首せよ」

だけど、弁護士界の長レベルの超エリート達が
「『死刑廃止国では現場で犯人を射殺している』というのはデマだ!そんなこと言ってるやつは低能!」
と感情的になって反論するのでは前に進まない。

死刑廃止派の方々は
「死刑廃止国は犯人を射殺している事実は確かにある」
と素直に受け止めて、廃止運動を進めて欲しい。

f:id:ukitax:20180712170443j:plain


また、もうほとんど真相は出尽くしたと思うが
麻原彰晃が死刑になったことにより、新事実が発覚した場合オウムの真相究明を行えなくなった。

やっぱ死刑にすると
「死人に口ナシ」だからこのへんが不味いよなー。
なんか死者の声を聴けるような解決策ないのか…。

(↓明後日(7/14)出る本)

麻原彰晃の霊言 ―オウム事件の「本当の動機」と「宗教的けじめ」―

 

<死刑後に大川隆法が麻原の守護霊を呼び出して、幸福幹部と対話>

幸福幹部「オウムは薬物で幻覚を見せ、24時間強制的に説話テープを聞かせ、信者をコントロールさせていた。」

麻原の霊言「おたくもカセットテープ聞かせているだろう。」

幸福幹部「本という選択肢もある。」

麻原の霊言「ああ、そうなんだ。(コントロールは否定しないのか…)

 

f:id:ukitax:20180712163341j:plain